恩納村からのお知らせ

オニヒトデ除去報告2013 (農林水産課)

オニヒトデはサンゴ礁に生息し、成体がサンゴも餌とします。
時をおいて大発生することがあり、成長の遅いサンゴまで食べるため、サンゴ礁環境の保全上有害とされています。
恩納村海域では、1971年、1984年、1996年と過去3回の大発生が起こりました。
前回の大発生から18年経過しており、4回目の大発生を防ぐため、
産卵抑制として産卵期前と産卵サイズになる前の集中除去を行いました。 

オニヒトデ除去報告(pdf)
オニヒトデ発生予測(pdf)

詳しい情報はこちらから